介護の仕事を楽にするコツ│介護ソフトで楽々事務作業

男女

業務を効率良くする

選び方で快適に過ごす

大人用紙おむつを選ぶ時に、注意すべきことは、尿量と交換する頻度です。 こまめに交換できる時は、吸収量の少ない大人用紙おむつを選びます。夜間や外出時には、吸収量の多いものを選ぶと良いでしょう。このように、使用する状況で大人用紙おむつの種類を変えることで、節約にもなり、快適に過ごせます。 もう一つ、気をつけることは、素材と通気性です。肌トラブルを避けるためにも、素材はやわらかいものか、通気性があるかどうかを確認することも大切です。 そして、体のサイズにぴったりと合うものを選ぶことで、皮膚とずれずに、負担も減らすことができます。 さて、大人用紙おむつで合うものが見つかったら、内側のギャザーをしっかりあげて使用します。尿パッドの場合は、ズレに注意します。

工夫して負担を減らす

使用した大人用紙おむつは、くるりと内側に丸めます。そして、新聞紙や二つ折りの大きめなチラシに包んで、ビニール袋に入れます。袋の口はしっかり結びましょう。尿は蒸発していきます。密閉性のあるごみ箱に入れると、においも防ぐことができます。 大人用紙おむつ、新聞紙、ビニール袋をセットにしておくと、外出時や、咄嗟な時に便利です。 吸収量などにより、尿パッドにズレ防止テープがついてない場合があります。そんな時は、市販の両面テープを使って補いましょう。まとめてテープをつけておけば、すぐに使用できます。 安心して快適に過ごせるように、工夫していくことも必要です。 日頃の負担が減れば、工夫を見つけることも楽しくなることでしょう。

介護施設で役立つシステム

介護施設では、利用してくれるお客さんの世話だけではなく事務処理もあります。これは一日の介護サービスが終わった後に行なうため、帰りが遅くなってしまうでしょう。そのような悩みを抱えている介護施設のために、介護ソフトという介護施設で行なう事務処理をサポートしてくれるシステムがあります。今まで手書きで行なっていた作業が。介護ソフトを導入することで簡単に作成することができるということで、業務の効率化に貢献しています。この介護ソフトを使用すれば、国保連に提出するデータも簡単に作成できますし、ヘルパーのシフト管理などもできるのです。まだこの介護ソフトを導入していない介護施設は、早めに導入することをおすすめします。

大人用おむつの種類

女性

介護施設では大人用紙おむつを用意してありますが、おむつにはいろいろな種類があるのでどれがその人に合うのかわかりません。合わないものを使用すると身体に影響があるため、最適なおむつを選んでください。

» 詳細へ

介護保険の現状

男性と女性

最近は高齢化が進んでいるということで、介護保険制度の見直しが行なわれているのです。他には各市町村に高齢の人のために相談業務やエアマネジメントを行なってくれる施設が設置されています。

» 詳細へ

介護を受けるには

お世話

多くの市町村で訪問介護や通所介護などのサービスを行なっていますが、これは誰でも受けることができるという訳ではありません。まずは介護予防日常生活支援総合事業で相談する必要があります。

» 詳細へ

Copyright©2015 介護の仕事を楽にするコツ│介護ソフトで楽々事務作業 All Rights Reserved.